大日蓮・第七五五号(平成21年1月)より転載
 
新 年 之 辞
 
 立正安国論正義顕揚七百五十年の新春を迎え、御隠尊日顕上人猊下には、御機嫌(うるわ)しく新春をお迎えの御事と存じ上げます。
 また、宗内僧俗御一同には、清々(すがすが)しく新年を迎えられ慶賀の至りに存じます。
 本年「正義顕揚の年」は、去る平成十四年、日顕上人より「地涌倍増」と「大結集」の御命題(めいだい)を給わってから七年、御命題完結の年であり、(すべ)ての支部が「地涌倍増」と(あい)()って「記念大法要」・「七万五千名大結集総会」並びに「法華講五十万総登山」を完全達成し(もっ)て仏祖三宝尊と御命題を下された日顕上人にその成果を御照覧(いただ)く大事な年であります。
 就中(なかんずく)、「七万五千名大結集総会」は、法華講精鋭の(つど)いであり、未来広布を展望するとき、何としても達成しなければならない命題であります。
 加之(しかのみならず)、「七万五千名大結集総会」は、七年間に(わた)る成果でありますが、同時に、未来広布に向けての新たなる出発の儀式でもあります。
 未来広布の願業(がんごう)は御本仏大聖人の御遺命(ゆいめい)であり、我等本宗僧俗は一天四海本因妙広宣流布達成のその日まで()(しん)()(ほう)の聖訓を奉戴(ほうたい)して、時を()つことなく折伏を実践していかなければなりません。
 即ち、広宣流布・立正安国の御理想実現の具体的実践方途とは折伏以外に無いからであります。
 (まさ)しく「立正」の「正」とは、末法一切衆生救済の秘法たる三大秘法の大御本尊にして、その正を立てるとは、今末法(じょく)(あく)邪智謗法充満の世にあっては、全世界の民衆の心田(しんでん)に三大秘法の妙法蓮華経を下種結縁(けちえん)し折伏を行じていくことであります。
 日興上人の『二十六箇状』には、
「未だ広宣流布せざる間は(しん)(みょう)を捨てゝ随力弘通を致すべき事」(御書 一八八四n)
と御遺誡(ゆいかい)遊ばされています。
 我等はこの御指南を永遠に忘れることなく、広布実現へ向けて死身弘法の御奉公をしていくことが、立正安国実現の最善の方途であることを銘記し、愈々(いよいよ)精進していくことが肝要であります。
 御一同の御健勝を心から祈り新年の辞といたします。





大白法・平成21年1月1日刊(第756号より転載)
 
新年の辞
 
 立宗七百五十七年の新春を寿ぎ奉る
 
 
 全国法華講員御一同には、清々しく「立正安国論正義顕揚七百五十年」の新春を迎え慶賀の至りに存じます。
 いま宗門僧俗は、本年「立正安国論正義顕揚七百五十年」の年を迎えて「地涌倍増」と「大結集」、「五十万記念総登山」の御命題達成へ向けて、異体同心・一致団結して、力強く前進していることは誠に慶びに堪えません。
 平成十四年、日顕上人より「地涌倍増」と「大結集」の御命題を賜ってから七年、本年はその御命題完結の年であり、講中一同全力を傾注して、必ず御命題を達成し、以て仏祖三宝尊と御命題を下された日顕上人にその成果を御報告申し上げ御照覧戴くよう努めなければなりません。
 就中、「七万五千名大結集総会」は、未だ(かつ)て行われたことのない大結集であり、且つ法華講の精鋭が集う大総会であります。
 本門戒壇の御本尊(ましま)す総本山に集う七万五千名の精鋭は、その(まま)次の戦いの中核となるべき人材であり、大結集の目的もそこにあります。
 したがって、大結集に当たっては現勢力だけに止まらず、組織を堀り起こし、人材を発掘し、育成し、大総会に参加し、時を得て、次の戦いに備えていくことが肝要であります。
 法華講はこうした戦いの中で、自ずと組織の足腰を(きた)え、活性化され、一騎当千の集団が構築されていくのであります。
 大結集の結果を(しゅう)(えん)とするのではなく、更にその先を展望して広布の戦いをしていくところに大結集の大きな意義が存するのであります。
 同様に、これは五十万総登山においても云えることであります。
 曽て日顕上人は、支部総登山の目的は、支部の足腰を鍛える事にあると御指南されています。
 七万五千名大結集総会と同様に、支部総登山を推進していく中で獲得するものは極めて大なるものがあります。
 それは組織においても個人においても、また信心においても生活においても顕著に表れてきます。
 この信心の鍛錬が今後の広布への戦いの大きな原動力となって、折伏逆化の場に発揮されることになるのであります。
 大聖人は『報恩抄』に、
「日蓮が慈悲曠大(こうだい)ならば南無妙法蓮華経は万年の(ほか)未来までもながる(流布)べし。日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ。此の功徳は伝教・天台にも超へ、竜樹・迦葉にもすぐれたり。極楽百年の修行は穢土(えど)の一日の功に及ばず。正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか」(御書 一〇三六n)
と仰せであります。
 「極楽百年の修行は穢土の一日の功に及ばず。正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか」との御金言をよくよく拝すべきであります。
 困難な戦いであればあるほど、勝利の喜びは大きいのであります。御命題達成の戦いは、困難であっても決して不可能な戦いではありません。「()せば成る」戦いであります。
 各位には、本年「正義顕揚の年」の御命題達成の戦いが、必ず未来広布への大きな力となり役立つことを自覚し、またその戦いを進めていく中で自らが一生成仏出来ることを確信し、各講中共に一層の精進を願うものであります。
 『御義口伝』には、
「今日蓮が唱ふる処の南無妙法蓮華経は末法一万年の衆生まで成仏せしむるなり。(あに)(こん)(じゃ)()(まん)(ぞく)に非ずや。已とは建長五年三月廿八日に始めて唱へ出だす処の題目を指して已と意得べきなり。妙法の大良薬を以て一切衆生の無明の大病を治せん事疑ひ無きなり。此を思ひ()る時は満足なり。満足とは成仏と云ふ事なり」(同 一七三二n)
と仰せであります。
 全国法華講員各位には、この御金言を心肝に染め、大御本尊へ絶対の確信を以て、『立正安国論』の御理想実現のため、愈々(いよいよ)信心強盛に御精進下さることを心から念じ、新年の挨拶といたします。
               以 上