大白法・平成26年3月1日刊(第880号)より転載

宗 祖 御 誕 生 会

五重塔のお塔開きの砌 (平成26年2月16日 於 総本山五重塔)
 
 本日は、宗祖日蓮大聖人()(たん)(じょう)()に当たり、海外からの御信徒をはじめ多くの方々が登山参詣され、まことにおめでとうございます。
 既に皆様方も御承知の通り、日蓮大聖人様は今から七百九十二年前、(じょう)(おう)元(一二二二)年二月十六日、安房(あわの)(くに)(とう)(じょう)(のごう)(かた)(うみ)に御誕生あそばされました。
 大聖人様の御誕生については、既に三千年の昔、釈尊が法華経において予証されているところであります。すなわち、釈尊は法華経神力品において、
「日月の光明の ()(もろもろ)(ゆう)(みょう)を除くが如く ()の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅す」(法華経 五一六n)
と仰せられています。
 この御文ついて、大聖人様は『寂日房御書』に、
「経に云はく『日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く、斯の人世間に行じて能く衆生の闇を滅す』と此()の文の心よくよく案じさせ給へ。『()(にん)(ぎょう)()(けん)』の五つの文字は、上行菩薩末法の始めの五百年に出現して、南無妙法蓮華経の五字の光明を()()だして、無明煩悩の闇をてらすべしと云ふ事なり。日蓮等此の上行菩薩の御所ひとして、日本国の一切衆生に法華経を()たも()てと勧めしは(これ)なり」(御書 一三九三n)
と仰せであります。
 まさに、神力品の「日月の光明の 能く諸の幽冥を除くが如く 斯の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅す」との御文こそ、末法に()(ゆう)上行菩薩、内証久遠元初の御本仏日蓮大聖人が御出現されることを、釈尊が予証された御文であります。
 すなわち、日蓮大聖人様は末法の御本仏として、本門寿量品文底下種の大法たる南無妙法蓮華経をもって、(じん)未来際に至るまで本未有善の衆生を救済し、もって全世界の人々の幸せと恒久平和実現のために、末法に御出現あそばされたのであります。
 されば『報恩抄』には、
「日蓮が慈悲(こう)(だい)ならば南無妙法蓮華経は万年の(ほか)未来までもながる(流布)べし。日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ。此の功徳は伝教・天台にも超へ、竜樹・迦葉にもすぐれたり」(同 一○三六n)
と仰せられているのであります。
 この『報恩抄』の御文は、大聖人様の主師親三徳を明かされた御文でありますが、「日蓮が慈悲曠大」とは主師親の三徳のなかには親の徳を、「一切衆生の盲目をひら」くとは師の徳を、「無間地獄の道をふさぎぬ」とは主の徳を示されているのであります。すなわち、宗祖日蓮大聖人様こそ末法の主師親三徳兼備の御本仏にして、弘通せられる大法は伝教・天台、竜樹・迦葉等にも勝れ、いまだかつて弘通せられたことのない未曽有の大法であります。
 しかも、その大法は「南無妙法蓮華経は万年の外未来までもながるべし」と仰せのように、末法万年尽未来際に至るまで尽きることなく流布し、永遠に一切衆生を救われるのであります。
 さらに、この御文のなかで「日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり」と仰せられていますが、これは単に日本国だけにとどまらず、全世界を指しているのであります。すなわち『乙御前御消息』に、
(そもそも)一人の盲目をあけて候はん功徳すら申すばかりなし。(いわ)んや日本国の一切衆生の眼をあけて候はん功徳をや。(いか)に況んや一閻浮提四天下の人の眼のしゐ()たるをあけて候はんをや」(同 八九八n)
と仰せの如く、大聖人様の本因下種の仏法は日本国一国だけにとどまらず、国を越え、民族や人種を超えて「一閻浮提四天下」すなわち世界中のすべての人々を成仏の直道に導く、偉大なる大法なのであります。
 今日、世間を見ると、末法五濁悪世の世相そのままに、世界の至る所で戦争や民族間の争いなどが起きており、また目を覆いたくなるような悲惨で残酷な事件や事故が(ひん)(ぱつ)しております。これらを仏法の鏡に照らして見るとき、その混迷の原因はひとえに人心の(こう)(らん)から来ているのでありますが、その人心の撹乱は『立正安国論』に、
(つらつら)()(かん)を傾け(いささか)経文を(ひら)きたるに、世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神(くに)を捨てゝ(あい)去り、聖人(ところ)を辞して(かえ)らず。(ここ)を以て魔来たり()来たり、(さい)起こり(なん)起こる。()はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず」(同 二三四n)
と仰せの如く、「世皆正に背き人悉く悪に帰す」すなわち間違った教え、すなわち謗法の害毒によって起きることをよくよく知るべきであります。
 したがって、真の世界平和と全人類の幸せを実現するためには、世界中の人々に、一人でも多く、そして一日も早く、御本仏日蓮大聖人様の本因下種の仏法を下種し、折伏を行じていくことであり、これこそ、今、我々がなすべき最も大事なことであります。
 宗門は、今、国の内外を問わず、来たるべき平成二十七年ならびに三十三年の誓願達成へ向かって、僧俗一致・異体同心して前進しております。特に本年は、いよいよ第二祖日興上人御生誕七百七十年を明年に控えた大事な年であります。いわば、本年度の結果が平成二十七年の誓願達成の成否を決定すると言っても、けっして過言ではありません。
 されば私どもは、
「総じて日蓮が弟子檀那等()()()()の心なく、水魚の思ひを成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱へ奉る処を、生死一大事の血脈とは云ふなり。(しか)も今日蓮が弘通する処の所詮是なり。()し然らばに広宣流布の大願も叶ふべき者か」(同 五一四n)
との御金言を心肝に染め、異体同心の団結をもって、世界中のすべての人々に対して力の限り折伏を行じ、まずは来たるべき平成二十七年の誓願を必ず達成すべく、いよいよ精進されますよう心から願い、本日の挨拶といたします。