大白法・平成24年3月1日刊(第832号)より転載

宗 祖 御 誕 生 会

五重塔のお塔開きの砌 (平成24年2月16日 於 総本山五重塔)
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、宗祖日蓮大聖人様の御誕生()に当たり、海外からの御信徒をはじめ多くの方々が参加され、まことにおめでとうございます。
 大聖人様は、今から七百九十年前、(じょう)(おう)元(一二二二)年二月十六日、()(わの)(くに)に御誕生あそばされました。
 大聖人様の末法御出現は、既に三千年の昔、釈尊が法華経において予証されており、法華経如来神力品には、
    「日月の光明の ()(もろもろ)(ゆう)(みょう)を除くが如く ()の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅す」(法華経 五一六n)
と仰せられているのであります。
 そもそも仏法においては、いかなる時にいかなる人師が出現され、いかなる法をもっていかなる衆生を救うかが定められているのであります。
 故に『高橋入道殿御返事』には、
    「我が滅後五百年が間は迦葉・阿難等に小乗経の薬をもって一切衆生にあたへよ。次の五百年が間は文殊師利菩薩・弥勒菩薩・竜樹菩薩・(てん)(じん)菩薩等、華厳経・大日経・(はん)(にゃ)経等の薬を一切衆生にさづけよ。我が滅後一千年すぎて像法の時には薬王菩薩・観世音菩薩等、法華経の題目を除いて余の法門の薬を一切衆生にさづけよ。末法に入りなば迦葉・阿難等、文殊・弥勒菩薩等、薬王・観音等のゆづられしところの小乗経・大乗経並びに法華経は、文字はありとも衆生の病の薬とはなるべからず。(いわ)(ゆる)病は重し薬はあさし。()の時上行菩薩出現して妙法蓮華経の五字を一閻浮提の一切衆生にさづくべし」(御書 八八七n)
と仰せられているのであります。
 なかんずく末法においては「其の時上行菩薩出現して妙法蓮華経の五字を一閻浮提の一切衆生にさづくべし」と仰せのように、爾前の諸経は言うに及ばず、文上の法華経も末法本未有善の衆生の病の薬とはなず、法華経の予証に従って上行菩薩が出現され、妙法蓮華経の五字をもって一切衆生を救われると明かされているのであります。
 大聖人様は、その上行菩薩の再誕として末法に御出現あそばされましたが、しかしこれは()(ゆう)のお姿であり、内証(じん)()の上から拝すれば、大聖人様は久遠元初自受用身の御本仏にましますのであります。
 よって日寛上人は「文底秘沈抄」に、
    ()し外用の浅近(せんごん)()れば上行の再誕日蓮なり。若し内証の深秘に拠れば本地自受用の再誕日蓮なり。故に知んぬ、本地は自受用身、(すい)(じゃく)は上行菩薩、顕本は日蓮なり」(六巻抄 四九n)
と甚深の御指南をあそばされているのであります。
 では、その御本仏大聖人様の御出現の目的とは何かといえば、『寂日房御書』に、
    「南無妙法蓮華経の五字の光明を()()だして、無明煩悩の闇をてらすべしと云ふ事なり」(御書 一三九三n)
と仰せのように、末法の御本仏として、法華経本門寿量品文底秘沈の大法をもって無明煩悩の闇を照らし、もって末法の一切衆生をして即身成仏せしめること、すなわち世界中のすべての人々の幸せと、全世界の恒久平和を実現するためであります。
 その御本仏日蓮大聖人様の御遺命を正しく今日に継承し、一天四海本因妙広宣流布達成を目指して、(しん)(きょう)(ほう)(じゅう)()(しん)()(ほう)の精神をもって御奉公に励んでいるのが、我ら本宗僧俗であります。
 宗門は今、僧俗一致・異体同心して、来たるべき平成二十七年・三十三年の目標達成へ向かって力強く前進しております。
 昨年は、国内外ともに大いに折伏の気運が高まり、大きな成果を挙げることができました。この成果を起爆剤として、本年はさらに一段と精進を重ね、強力に、かつ確実に誓願達成へ向けて進んでいかなければなりません。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
    「願はくは『現世安穏後生善処』の妙法を持つのみこそ、(ただ)今生の名聞後世の(ろう)(いん)なるべけれ。(すべから)く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも(すす)めんのみこそ、今生人界の(おも)(いで)なるべき」(同 三〇〇n)
と仰せであります。
 また『法華初心成仏抄』には、
    「法華経を耳にふれぬれば、(これ)を種として必ず仏になるなり。されば天台・妙楽も此の心を以て、()ひて法華経を説くべしとは釈し給へり。譬へば人の地に依りて倒れたる者の、返って地をおさへて()つが如し。地獄には堕つれども、()く浮かんで仏になるなり。当世の人何となくとも法華経に背く(とが)に依りて、地獄に堕ちん事疑ひなき故に、とてもかくても法華経を強ひて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は(どっ)()の縁となって仏になるべきなり」(同 一三一六n)
と仰せであります。
 私どもは、この御金言を心肝に染めて、不幸と苦悩の根源である池田創価学会をはじめ、邪義邪宗の害毒によって苦しんでいる多くの人達に対して、一日も早く、また一人でも多くの人に妙法を下種し、折伏を行じていかなければなりません。
 どうぞ皆様には、本年「実行前進の年」に当たり、文字どおり一人ひとりが折伏を実行し、折伏をもって大きく広布へ向かって前進されますよう心からお祈りを申し上げ、本日の挨拶といたします。