大白法・平成23年3月1日刊(第808号より転載)

宗 祖 誕 生 会

五重塔のお塔開きの砌 (平成23年2月16日 於 総本山五重塔)
 
 本日は、宗祖日蓮大聖人様の御誕生()に当たり、海外からの御信徒をはじめ多くの方々が参加され、まことにおめでとうございます。
 大聖人様は今から七百八十九年前、貞応元(一二二二)年二月十六日、安房国に御誕生あそばされました。
 大聖人様が末法に御出現あそばされることは、既に三千年の昔、釈尊が法華経において予証されており、法華経如来神力品には、
    「日月の光明の ()(もろもろ)(ゆう)(みょう)を除くが如く ()の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅す」(法華経 五一六n)
と仰せられているのであります。
 この御文について、大聖人様は『寂日房御書』に、
    ()の文の心よくよく案じさせ給へ。『()(にん)(ぎょう)()(けん)』の五つの文字は、上行菩薩末法の始めの五百年に出現して、南無妙法蓮華経の五字の光明を()()だして、無明煩悩の闇をてらすべしと云ふ事なり。日蓮等此の上行菩薩の御使ひとして、日本国の一切衆生に法華経を()たも()てと(すす)めしは(これ)なり」(御書 一三九三n)
と仰せられています。
 すなわち神力品の御文は、末法に上行菩薩、内証久遠元初自受用身の御本仏日蓮大聖人様が御出現されることを、釈尊が予証された御文なのであります。
 そもそも、釈尊は迹化・他方の菩薩達が滅後の弘通を願い出たのを制止して、法華経涌出品において、上行菩薩を上首とする六万恒河沙の地涌の菩薩を大地から呼び出され、寿量品を説いたのち、如来神力品において法華経の肝要、妙法蓮華経を四句の要法に(くく)って付嘱され、滅後の弘通をゆだねられたのであります。
 大聖人様は、その上行菩薩の再誕として末法に御出現されましたが、これは()(ゆう)のお姿であり、内証(じん)()の上から拝すれば久遠元初自受用身の御本仏にましますのであります。
 故に日寛上人は『文底秘沈抄』に、
    ()し外用の(せん)(ごん)()れば上行の再誕日蓮なり。若し内証の深秘に拠れば本地自受用の再誕日蓮なり。故に知んぬ、本地は自受用身、垂迹は上行菩薩、顕本は日蓮なり」(六巻抄 四九n)
と仰せられているのであります。
 この御本仏大聖人様が所持あそばされるところの妙法とはいかなる法かと申せば、すなわち久遠の本法たる妙法五字であり、まさしく人即法、法即人の妙法蓮華経にして、(にん)に約せば久遠元初自受用報身如来の再誕、末法御出現の御本仏宗祖日蓮大聖人様であり、法に約せば久遠元初の妙法であります。
 この妙法こそ、釈尊をはじめ三世諸仏の護持する根本の法にして、一切衆生救済の根源の法であります。しかも、その妙法は、
    「日蓮が慈悲(こう)(だい)ならば南無妙法蓮華経は万年の(ほか)未来までもなが()()べし。日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ」(御書 一〇三六n)
と仰せのように、末法万年(じん)未来際に至るまで尽きることなく流布し、三世にわたり、永遠に一切衆生を救われる大法であります。
 また、この御文のなかで「日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり」と仰せられていますが、これは単に日本国だけにとどまらず、全世界を指しているのであります。
 すなわち『乙御前御消息』に、
    (そもそも)一人の盲目をあけて候はん功徳すら申すばかりなし。(いわ)んや日本国の一切衆生の眼をあけて候はん功徳をや。(いか)に況んや一閻浮提四(てん)()の人の眼のしゐ()たるをあけて候はんをや」(同 八九八n)
と仰せの如く、御本仏大聖人様の仏法は日本国一国だけにとどまらず、国を越え、民族を越え、一閻浮提四天下、すなわち世界中のすべての人々を成仏の直道に導く、最も偉大なる仏法なのであります。
 今日、世間を見ますると、末法五濁悪世の世相そのままに、世界の至る所で戦争や争いが絶えず、騒然とした様相を呈しております。また自然界においても、異常気象による集中豪雨や竜巻などの突発的現象、大規模な地震などによって大きな被害が出ておりますが、こうした(こん)(とん)とした現状を救済しうる唯一の大法こそ、宗祖日蓮人聖人様の仏法であります。
 故に今、末法の衆生は、末法御出現の大聖人様を久遠元初の御本仏と仰ぎ、大聖人様が御建立あそばされた人法一箇の御本尊を帰命依止の御本尊と崇め奉り、至心に妙法と唱え、自行化他にわたる信心を行じていくところに、即身成仏の本懐を遂げることができるのであります。
 したがって、本宗の僧俗は真の世界平和とすべての人達の幸せを実現するために、一人でも多くの人に、そして一日も早く折伏を行じて、もって大聖人様の仏法に帰依せしめていくことが最も肝要となるのであります。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
    「願はくは『(げん)()(あん)(のん)()(しょう)(ぜん)(しょ)』の妙法を持つのみこそ、(ただ)今生の名聞後世の(ろう)(いん)なるべけれ。(すべから)く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも(すす)めんのみこそ、今生人界の思出(おもいで)なるべき」(同 三〇〇n)
と仰せであります。
 折伏によって人を幸せに導くことは、自分自身もまた幸せになるのであります。
 なにとぞ、今日お集まりの皆様には、本年「実践行動の年」にふさわしく、世界中のすべての人々に対して折伏を行じ、自他共の幸せを築かれますよう心からお祈りを申し上げ、本日の挨拶といたします。