邪教創価学会の目指すもの・松戸行雄の邪説を破す

「松戸行雄の誤れる本仏観」について  宮野審道
一、松戸の悪しき「平等観」を破す
  (1)「大聖人を含めた生身の凡夫こそが本有本覚の
            十界互具の当体」なる邪義について
  (2)軽視された本仏の一念三千
  (3)松戸説は、仏と衆生を同等にみなす「不二偏重」の邪義
二、仏の化導を否定
  (1)松戸説は仏法と外道義との混同
  (2)仏の化導は仏法の常識
  (3)経文に見る仏
大日蓮平成6年12月第568号
三、元初仏(人本尊)の否定
  (1)松戸説は、法勝人劣の痴論
  (2)大聖人の発迹顕本
  (3)大聖人こそ久遠元初の仏
大日蓮平成7年1月第587号
松戸行雄の「信行論・成仏論」を破す  菅野蔵道
一、「条件付き成仏論」について
二、「始覚即本覚」について
三、「衆生本有の妙理」について
大日蓮平成7年2月第588号
四、「境智冥合」について
五、「即は転換の原理」について
六、「阿仏房さながら宝塔」について
大日蓮平成7年3月第589号
大聖人の「化導」を否定する松戸行雄の戯論を破す  岡崎法顕
一、大聖人の化導を否定する邪義を破す
  (1)邪義を主張する背景
  (2)「付嘱の法体」に対する誤謬
  (3)大聖人に衆生化導の大悲願あり
大日蓮平成7年4月第590号
二、松戸の「法体化導説」を破す
  (1)性種と乗種の混同
  (2)誤れる「三益」説を破す
大日蓮平成7年5月第591号
松戸行雄の誤れる人法一箇観を破す  岩切仁道
一、松戸の人法一箇に関する邪説
二、『報恩抄』の「本門の教主釈尊」の松戸流解釈を破す
三、『三大秘法抄』の「寿量品に建立・・・」の松戸流解釈を破す
大日蓮平成7年6月第592号
四、『総勘文抄』の「釈迦如来五百塵点劫の当初・・・・・」
   ならびに『当体義抄』の「釈尊五百塵点劫の当初・・・・・」
   の松戸流解釈を破す
五、『観心本尊抄』の「我等が己心の釈尊は五百塵点乃至・・・・・」
   の松戸流解釈を破す
大日蓮平成7年7月第593号
松戸行雄の唱える「法体の論理構造」を破す  諏訪涼道
一、松戸の言う法体の論理構造の問題点
二、文底を理性として見る松戸の邪義
大日蓮平成7年8月第594号
三、松戸の教相に見る混乱を検証する
   @権実・本迹雑乱の失(とが)を破す
   A松戸の「文上の久遠実成の釈尊」に関する邪義を破す
四、種本脱迹の綱格に迷う松戸
五、凡夫理性所具の一面をもって「法体」「本種」と速断する迷妄を糺す
大日蓮平成7年9月第595号
松戸行雄の誤れる本因本果説を破す  諏訪涼道
一、日淳上人に対する邪難を破す
二、松戸の「本因本果の法門」の根本的な誤り
三、文上・文底の両本因本果の法門に迷う松戸説
四、当家における文底の本因本果
大日蓮平成7年10月第596号
松戸行雄の誤れる自受用報身如来説を破す  楠牟礼慈宝
一、「日寛教学の限界」?
二、「久遠元初は時間的意味ではない」?
三、「久遠元初に人はいない」?
四、自 受 用 報 身
大日蓮平成7年11月第597号
五、発 迹 顕 本
  (一)発迹顕本の本義
  (二)久 遠 即 末 法
  (三)松戸の垂迹・再誕の語に対する謬見
六、松戸の凡夫即仏の浅見
七、人 間 偏 重 の 邪 義
大日蓮平成7年12月第598号
松戸行雄の誤れる本尊観を破す  阿部美道
松戸の「本尊」に関する根本的な邪義
一、人即法の本尊の依文について
二、法即人の本尊の依文について
松戸流「人法一箇」の邪義
一、「本尊とは法華経の行者の一身の当体」に対する誤謬
二、「本地自受用報身の垂迹上行菩薩の再誕、本門の大師日蓮」について
三、本無今有・有名無実の失(とが)に堕す松戸説
大日蓮平成8年2月第600号
松戸の邪説「本尊象徴論」について
一、「本尊象徴論」に付帯する邪難
  (1)「超越神」「神話の世界」との邪難
  (2)「御本尊の信憑性の崩壊」との邪難
二、問 題 の 所 在
三、松戸の「境智冥合」についての邪説
四、「境智冥合」の正義を述べ、もって松戸説の邪義なるを示す
  (1)元初本仏の境智冥合  (2)御本尊と衆生との境智冥合
五、「受持即観心」「以信代慧」に対する誤謬
  (1)「受持即観心」について  (2)「以信代慧」につて
六、「自浮自影の鏡」についての邪義
松戸の邪説本尊論の意図するところ
大日蓮平成8年3月第601号

お願い:誤字、脱字を見つけられた方は   へ連絡下さい m(_ _)m総目次へ戻る