小林正博の「法主絶対論の形成とその批判」を破折す
大日蓮・第584号(平成6年10月・63頁)
 
 小林正博の「法主絶対論の形成とその批判」
      に対する破折論文の掲載について
 
 昨平成五年十月に発刊された『東洋学術研究』第三十二巻二号に、小林正博なる者が「法主絶対論の形成とその批判」という論文を発表した。その内容は、学術研究論文とは名ばかりで、史料文献を曲解・悪用し、無理に唯授一人の血脈を破らんとする、いわば初めから結論が定まっているという、極めて恣意的(しいてき)なろんである。もとより、このような稚拙な論が通用するはずはなく、当初、反駁(はんばく)するに足らざるものとして捨て置いてきた。
 しかし、その後、池田大作がこれをベースに「『法主絶対論』は絶対に邪義」(平成六年二月十八日)などと放言し、また小林自身、各地の創価学会会館で「法主絶対論批判」と題する講演を行っている。要するに、「法主絶対論の形成とその批判」とは、邪教池田創価学会そのものが主体となって行なっている誹謗なのであり、けっして小林個人だけの説でないことは明白である。
 このたび、法義研鑚委員会として、この邪論を破折したので、以後、数回にわたって、委員諸師より提出された破折論文を掲載していくものである。
大日蓮・第584号(平成6年10月・64頁)
                         法義研鑽委員 古 藤 志 道
大日蓮・第585号(平成6年11月・84頁)
                         法義研鑽委員 国 井 位 道
大日蓮・第586号(平成6年12月・76頁)
                         法義研鑽委員 森 岡 雄 樹
大日蓮・第587号(平成7年1月・79頁)
                         法義研鑽委員 近 藤 恒 道
大日蓮・第589号(平成7年3月・79頁)
                         法義研鑽委員 岡 崎 道 清
大日蓮・第590号(平成7年4月・82頁)
                         法義研鑽委員 岡 崎 道 清
大日蓮・第592号(平成7年6月・68頁)
                         法義研鑽委員 影 山 広 道
大日蓮・第594号(平成7年8月・72頁)
                         法義研鑽委員 高 橋 粛 道

お願い:誤字、脱字を見つけられた方は   へ連絡下さい m(_ _)m総目次へ戻る